宮田香里

1973年、愛知県豊橋市生まれ。京都造形芸術大学卒業。2000年よりイラストレーターとして活動を始め、書籍、広告、商品パッケージ等のイラストレーションを制作。挿絵に、『夢見橋』『いるかの手紙』『三河の旗本退屈男』(春夏秋冬叢書)、『仏像の見方がすぐわかる本』(主婦と生活社)、『古寺のひみつ』(永岡書店)など。